防災ハザードマップの確認を今すぐに!

こんにちは、日向です。

今回の東日本豪雨災害、心よりお見舞い申し上げます。

 

まだまだ行方不明の方もおられ、冠水している所も多く有り、

一日も早い復旧が急がれる状況です。

 

特に9月10月は台風のシーズンにあたり

今後も相当の注意と防災対策が必要となります。

 

その1つとして、国土交通省や地元自治体が発行している

「防災ハザードマップ」があります。

 

私は、いままでハザードマップが有ることは知っていましたが

見たことはありませんでした。あなたはどうですか?

 

今回の東日本豪雨災害を教訓に今一度

自分の住んでいる所や、勤務場所のハザードマップ

確認しておきましょう

 

今一度確認を地元のハザードマップ

haza

       (産経新聞より)

これは今回の鬼怒川決壊の浸水範囲と

常総市が作成した洪水ハザードマップです。

 

このハザードマップは平成21年に作成されたものですが

何と今回の浸水範囲とほぼ一致しています。

 

ハザードマップでは市役所の浸水は1~2メートルと予想されていましたが

市は今回、「ここまで水はこない」と判断し災害対策本部を設置。

結局マップ通りに浸水して機能不全となりました。

 

また一方、自宅が浸水した方は

「何十年も水害なんてないので大丈夫だと思っていた」と

話しをされていました。

 

ここ数年、明らかに自然災害の様相が変化しているように思います。

ゲリラ豪雨や竜巻が当たり前の様になってきました。

 

災害は他人ごとではありません。いつ自分が被災者になるかもわかりません。

そうならないためにも今一度地元のハザードマップを確認しておきましょう

 

こちらの国土交通省ハザードマップから防災の情報が閲覧できます。

国土交通省ハザードマップポータルサイト

 

防災グッズを用意しよう!

これは私が住んでいる関西地区の大和川に関するマップです

haza1

 

水防法の規定により、大和川下流域においては200年に1回程度、

大和川上流域においては150年に1回程度起こる可能性のある大雨により

大和川の洪水予報区間で溢水・破堤した場合の浸水が想定される区域図です。

 

水害に限らず地震や火事などの備えも必要となりますが

今回の水害で私なりに感じたのが、自動車への浸水です。

 

冠水した場所で車が動かなくなった場合、ドアは水圧で開けることが

できなくなってしまいます。もちろんエンジンが止まれば窓も開きません。

 

そこで、前々から購入しないといけないな~と思っていた

緊急時の自動車脱出グッズを今回購入しました。

 

 

緊急時の窓を割るハンマーとシートベルトを切るカッターが

セットになった緊急脱出グッズです。

 

備えあれば憂いなしです、あなたの家の防災対策

今一度見直してみませんか。

明らかに以前とは違って変化しています。

 

ハザードマップの確認と併せ、我が家の

防災グッズをこの機会に見直してみませんか?

 

 

 

それと停電に備えてスマホの予備バッテリーも

必要ですね。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

  運営者プロフィール

sas自分上半身

 

こんにちは、ひゅうがです。

1951年生まれの60歳代サラリーマンです。

 

ヤフオクやアマゾンで、せどりを実践しながら、ブログよる初心者向けの情報を配信中

 

ツイート


Feedly

follow us in feedly

このページの先頭へ