反逆のせどり思考戦略

こんにちは、リサです。助手キョトン帽子なし上

今日のタイトルは、どういう意味ですか?

反逆のせどり思考戦略って。

 

ちょっと刺激的なタイトルでしたかね~!

これは、「せどり」に対する私の考え方なんですよ。

 

そもそも「せどり」とは

せどりは、安く仕入れて高く売るという考え方が一般的ですね。

私もアマゾンを始めたばかりの頃は、そうでした。

 

同じ商品で、他の出品者のコンディションを見て10円でも高くと

値段を設定していました。 その結果は・・・・・・

 

なかなか売れません! 

売れても時期が遅くなります。

 

そこで考え方を180度変えて、実践した方法が

反逆の思考戦略です。

 

反逆の思考戦略とは

beautiful-2315_640

当初の私は、どうやって売ろうか、どうやったら売れるのか

など販売者としての考え方しかしていませんでした。

 

つまり、購入者さんの立場になって考えていなかったんですね~!

あなたが商品を買うときの判断基準は何ですか?

 

同じ商品で、同じコンディションなら、出来るだけ安く買えるお店で

買いますよね~。

 

自分が商品を買うときは、出来るだけ安く買おうとしているのに

販売者側になったら、出来るだけ高く売ろうとしていたんですね。

 

考え方がまるで逆です。

 

そこで考え方を180度変えて、購入者の立場に立った販売方法を

組み立てたのが、反逆の思考戦略です。

 

つまり

 

安く仕入れて、出来るだけ安く売る

 

ただこれだけのことです。

 

せどりは売れてなんぼの世界です。

いくら良い商品でも、売れなくては在庫の山になるだけで

資金繰りも悪化してしまいます。

 

反逆の思考戦略に変えてから

安く仕入れて、安く売るわけですから当然仕入れの基準も

変えないといけません。

 

それからは、中古の最安値を見て、利益が取れる商品だけを

仕入れるようにしました。

出品価格は、同一コンディションでほぼ一番安い価格で出品しています。

 

この結果、毎月100件近くの商品が売れるようになりました。

当然利益もあがっていますよ!

 

購入者があっての販売者です。

購入者の視点で考えると、更にいろいろな点が見えてきますね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

  運営者プロフィール

sas自分上半身

 

こんにちは、ひゅうがです。

1951年生まれの60歳代サラリーマンです。

 

元SAS塾シニアコースの講師として楽しむネットビジネスを提供中。

 

更にはヤフオクやアマゾンで、せどりを実践しながら、ブログとメルマガによる初心者向けの情報を配信中

 

ツイート


Feedly

follow us in feedly

このページの先頭へ